• Home
  • お役立ち情報
  • 【総務省】平成29年度電波利用環境保護活動用ポスターのモデルは「デーモン閣下」に

【総務省】平成29年度電波利用環境保護活動用ポスターのモデルは「デーモン閣下」に

2017.05.02お役立ち

Share on Facebook42Share on Google+0Tweet about this on Twitter

6月1日は電波の日。

総務省は、5月15日~6月15日までを電波利用環境保護周知啓発強化期間として、電波利用環境保護に関する周知・啓発活動を集中的・重点的に行います。

毎年啓発ポスターを作っていますが、みなさんご存知でしたか?
そもそも「電波の日」のこと自体を知らなかったという方も多いと思います。

「電波の日」は電波の利用が日本国民一般に開放されたことを記念する日本の記念日です。
昭和25年から続いています。総務省では啓発ポスターだけでなく式典も行われています。

>>総務省 広報誌平成29年5月号
>>総務省 twitter

平成29年のモデルは「デーモン閣下」

毎年趣向を凝らしたPRポスターが作られますが、今年度のイメージキャラクターは「デーモン閣下」と総務省から発表がありました。。

“妨害は許さぬ!吾輩と諸君をつなぐ、美しき電波。電波の戒律を遵守せよ”

と前地獄副大魔王にして悪魔教教祖から言われたら遵守するしかありませんよね。

>>総務省 電波監視の概要

また、総務省はyoutubeに動画もアップしています(優木まおみさん出演)。
その長さなんと23分超!短いダイジェスト版もありますので是非一度チェックしてみてください。不法電波を取り締まる気合がうかがえますね!

「不法電波から暮らしを守れ!~電波利用にはルールがあります~」(23:40)

「不法電波から暮らしを守れ!~電波利用にはルールがあります~(ダイジェスト版)」(4:54)

不法電波の使用には、罰則が設けてあります。
●不法無線局を開設、又は運用した場合には
1年以下の懲役、または100万円以下の罰金

●不法電波で重要な無線通信を妨害した場合は、
5年以下の懲役、または250万円以下の罰金

です。

電波利用の注意点は3つ

それでは何をどう気を付ければよいのかという話になりますが、
デーモン閣下がいう通り、
★無線機器の使用には技適マークの確認
★電波の利用には、原則、免許が必要
★外国規格の無線機器は国内では使用不可
ということを覚えておけばおおむね間違いないでしょう。

パシフィック湘南製の商品は技適マークを取得しています。

弊社で販売している「ソネット君」「ワンタッチコール」は技適マークを取得している機器です。使用にも免許や届け出は必要ありませんので安心してご利用ください。

過去には、「バイキング」「鬼太郎」「スマイレージ」「野村監督」などがモデルになっています。

”アマチュア無線総合ニュースサイトhamlife.jp”
にまとめられています。興味がある方はチェックしてみてください。
>>hamlife.jp
>>hamlife.jp ●いままで登場した「電波利用環境保護活動用」ポスターいろいろ






Share on Facebook42Share on Google+0Tweet about this on Twitter