【機能紹介】LAN接続でユーザー側システムとの連動が可能!ログデータの収集などに

2018.01.19 工場関係お役立ち情報パートナー商品ソネット君

Share on Facebook8Share on Google+0Tweet about this on Twitter

受信表示機とLAN接続することで、赤表示の番号が押された・消された、緑表示の番号が押された・消されたなどの、番号の情報を収集することができます。

 

概要

LANコネクタ(RJ45)を装備しているので、TCP/IPプロトコルにてネットワーク接続が可能です。

※コマンド:アスキーコード、データ長:8bit

 

 

ログデータ収集

受信表示機からのコマンドを受けることでログデータを収集することができます。

※別途プログラム開発が必要です。

 

どこで、いつ呼び出しされているか? 機械のエラーはいつどこで起きているか? などのデータを取り分析することで、人員の配置を最適化したり、機器のトラブルを早期発見する手助けになります。

 

【対象製品】

・片面受信表示機(LAN仕様):SRE-KS-L
・レディーコール機能付き片面受信表示機(LAN仕様):SRE-K-L
・両面受信表示機(LAN仕様):SRE-RS-L
・レディーコール機能付き両面受信表示機(LAN仕様):SRE-R-L