【機能紹介】緑色で番号を優先表示するレディーコール -呼び出しベルソネット君-

2018.02.07 飲食店関係お役立ち情報ソネット君

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

ソネット君は、2003年の発売から15年が経過しようとしています。
その都度お客さまからの要望を取り入れ、マイナーチェンジや新製品の追加を行ってきました。

そのため、発売当初に導入していただいたお客様には知らない製品や機能も増えてきていると思います。

そこで、数回に分けまして改めてオススメの機能と製品をご紹介いたします。

その1.両面受信機

その2.「15秒受信禁止」機能

その3.「3バンク受信」機能

 

 

レディーコールとは

 

レディーコールとは、厨房からホールスタッフを呼び出すときに使用される呼び出しベルです。

食事をサービスする時は「熱いものは熱く冷たいものは冷たく」が基本といわれてい ますが、厨房から料理ができたことをホールスタッフに知らせる手段としてレディーコール送信機を使います。レディーコールの呼び出しボタンを押すと、その番号が受信機に表示され同時にチャイム音などで通知します。

厨房から大声で知らせたり、『そろそろできるころかな』とホールスタッフの方が気をかける必要がありません。

 

レディーコールの構成

 

レディーコールは受信表示機との組み合わせで利用します。
レディーコール送信機を厨房側とデシャップ(ホール)側に1台ずつ設置し、ホールには見えやすい位置に片面(両面)受信表示機レディーコール仕様を設置します。

 

例えば、厨房側に設置したレディーコール送信機の3番を押すと、デシャップ側のレディーコール送信機の3番が光り、受信表示機の右側に3番が緑色で表示されます。同時に通常のお客様お呼び出しとは違う音が出ます。

ホールスタッフは料理を受け取ったら、デシャップ側のレディーコール送信機の3番を押し、番号を消します。受信表示機と、厨房側のレディーコール送信機の点灯も消えました。

レディーコールの便利な機能

レディーコールには他にも集中発信機として使用できたり、複数台で連動することができます。
工場でアンドンとして使用されるときに、1番~10番のレディーコール送信機を、11番~20番まで送信できるように改造した例もあります。

 

営業がお伺いしたり、展示会でも商品デモを行っておりますので、ぜひ体感してください。

※片面(両面)受信表示機レディーコール仕様とは対象型番がSRE-K、SRE-Rの製品になります。