なぜ『無線アンドンシステム』が使われるのか?【無線アンドンシステム-パシフィック湘南情報】第017号

2018.07.17 メルマガ工場関係お役立ち情報

※このお役立ちは、過去に送信したメルマガを加筆修正したものです。

 

こんにちは いつも大変お世話になっております。

パシフィック湘南 管理部の阿蘇品です。 

7月に入り、あっという間に梅雨が明け夏到来です。

こういう日もやはりビール(第3の)が飲みたくなりますね。

前回「ローソンセレクト ゴールドマスター」をご紹介しましたが、
「TOPVALUのバーリアル」も、「ファミマのクリアモルト」も国産に変わり美味しくなっていました。

個人的には「ゴールドマスター」に一票です。みなさんもぜひ飲み比べを。

さて、【関東】設計製造ソリューション展が無事終了し、多くの方にブースに立ち寄っていただきました。
ほんとうにありがとうございました。

そこでよく聞かれた質問が「どれくらい飛びますか?」でした。名古屋での展示会のときと同じです。

そこで今回は、あらためまして無線アンドンシステムの基本的な仕様とメリットをご紹介いたします。

弊社の無線アンドンシステムは、送信機を作業者のところに、受信表示機を管理者の見やすい場所に設置し、HELPコールやフォークリフトの呼び出しに使われています。

★無線アンドン概要(概要、実例、お役たちなど掲載しています)
⇒ https://www.sonnettekun.com/example/factory/

★イプロスのページはこちらから(導入実例や資料がダウンロードできます)
⇒ https://www.ipros.jp/company/detail/2004358?hub=40+%25E3%2583%2591%25E3%2582%25B7%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E6%25B9%2598%25E5%258D%2597

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.なぜ『無線アンドンシステム』が使われるのか?
  ・基本的な仕様とメリット

2.おわりに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.なぜ『無線アンドンシステム』が使われるのか?
・基本的な仕様とメリット

弊社の『無線アンドンシステム』導入のメリットは

①人手不足を解消できる(ムダな動きを少なくできる)

②機器の設置・移設コストの削減(簡単にスタートできる)

③導入後の安心(国産の製品・全国対応の会社)

の大きく3つの要素があると考えます。

何もシステムを使用していないところでは、
トラブルがあった際に、作業者は担当者を呼びに行きます。
その間どんなに早く呼びに行けたとしても、2、3分のロスが生じてしまいます。

旗を振ったりパトライトを点けてお知らせしているところもありますね。

担当者は、いつ呼ばれても良いように定期的に構内を巡回します。

しかし、ここでも無駄な巡回のロスタイムが発生してしまいます。

『無線アンドンシステム』を使用すると、

作業者の担当者を呼びに行く、探す時間が削減されます。

担当者も余分な巡回が減り、呼ばれるまで他の仕事に集中できます。

そのため作業効率がアップし、人手不足を解消できます。

有線でアンドンシステムを組まれているところもあります。

機能としてはそれでも十分ですが、導入時やレイアウト変更で移設をおこなうときに
有線ケーブルの引き直しが必要になります。

『無線アンドンシステム』はワイヤレスなのでそのコストが必要ありません。

ここで、『無線アンドンシステム』の電波は、特定小電力無線 426MHz帯を使用しています。

特定小電力無線は、WiFiやBluetoothにくらべ遠くまで届きやすいといわれています。

WiFiやBluetoothで使用される2.4/5GHz帯にくらべ、周波数帯が低い(=波長が長い)ので「障害物を回り込む」特性と「減衰が少ない」という特性があるためです。

また、総務省の許認可(テレック)を得た電波帯なので、他の機器の電波帯と干渉しにくい面も特徴です。

ちなみに、先日の展示会場の東京ビッグサイトでは、東1ホールの端から、東3ホールの端まで届きました。
見通し距離で約270mです。

様々な電波が飛び交う中、ものすごくよく飛んだと思います。

実際の工場では、確実に電波を受信することを優先しますので、60~80mで中継機の設置を考えます。
通常、電波の到達距離は見通しで約100mと公称しています。

東京ビッグサイトの見取り図はこちらで確認できます。

また導入コストは、最小構成のものであれば10万円以下で導入することも可能で、あとから追加もできます。

機器構成によって導入コストは変わってきますが、だいたい30万円~100万円の導入が多いように感じます。

最後に、弊社製品の基板実装・組み立て・検査など、すべての工程は国内で行っており安定供給と正確な納期を実現しています。
また、全国6拠点より経験豊かなスタッフが安心サポートいたします。

導入後も安心してご使用下さい。

他にも、パソコンと接続することでログデータが取れることや、機械と接続しエラー信号で電波を送信できる送信機など
いろいろとご紹介したい機能や商品があります。

ぜひ下記リンクから詳しい情報をご覧になって下さい!

デモ機貸出も行っております!!

★無線アンドン概要(概要、実例、お役たちなど掲載しています)
⇒ https://www.sonnettekun.com/example/factory/

★イプロスのページはこちらから(導入実例や資料がダウンロードできます)
⇒ http://ma.imsys.jp/r/1086981?m=19118&c=00000000

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.おわりに

今回の展示会でもねじの「サンコーインダストリー」さんのブースに引き寄せられました。

ネジをたくさん展示してあり、好きなものを持ち帰ることができます。

また、錆止めのスプレーをどんどんくれます。

「先ほどいただきました」と何度も言いました。

弊社にはあまり関係のない会社なんですけど、
昨年の同展示会でも見に行って長居してしまってます。

展示会だけでなくホームページや動画などにも力を入れていて、自社のブランディングの方法としてとても勉強になります。

もうファンですし……。

勝手に宣伝してしまいます……。

次回見つけたら楽しいのでぜひ行ってみて下さい。

サンコーインダストリーホームページ
⇒ http://www.sunco.co.jp