よぉ!不法電波使ってねぇだろうな?【泉谷しげる】総務省のポスターのモデルに。

2018.05.17 特定小電力についてワンタッチコールソネット君お役立ち情報

 

 

6月1日は電波の日。

 

 

みなさんご存知でしたか?

6月1日は電波の日なんですよ。昭和25年から続いている記念日なんです。

電波について知ってほしいという日で、総務省は毎年6/1~6/10までを「電波利用環境保護周知啓発強化期間」とし、電波の利用に対する正しい知識等の周知・啓発活動を実施しています。

泉谷しげる氏をモデルにしたポスターやリーフレットも作成されています。

(引用:総務省 電波利用ホームページ)

 

「よぉ!不法電波使ってねえだろうな?」

 

不法電波ポスター泉谷しげる

総務省の平成30年度電波利用環境保護活動用ポスターモデルは泉谷しげる 総務省より引用

 

しげる氏:「よぉ!不法電波つかってねえだろうな?」

怖いですねぇ。泉谷しげる氏。
うちは不法電波使っていませんよ。技適マーク(技術適合マーク)とっていますよ。

 

見てください。ソネット君の電池蓋を外すと、きちんと貼ってあります。

 

 

「言っておく!不正な電波利用は犯罪だぜ!」

 

電波利用リーフレット 総務省より引用

電波利用リーフレット 総務省より引用

しげる氏:「言っておく!不正な電波利用は犯罪だぜ!」

わかっております。

そんなに言うのなら、技術基準適合証明等を受けた機器の検索こちらで検索かけてください。

 

 

テレックマークの横に書いてある数字を入力し、送信ボタンを押すと・・・

 

 

 

ほら!でました!型式がSTR-Sと書いてあります。

さらに、認証番号の001-X00113をクリックすると、

 

 

 

いろいろ詳しく出てきました。
うちの商品はアイテック株式会社という会社で組み立てや登録を行っているので、工事設計認証を受けた者の氏名又は名称が「アイテック株式会社」と出ています。

 

 

「電波の利用にはルールがあるぞ!」

 

電波利用リーフレット 総務省より引用

電波利用リーフレット 総務省より引用

しげる氏:電波の利用にはルールがあるぞ!」

わかっております。

まずは、

★無線機器の使用には技適マークの確認

★電波の利用には、原則、免許が必要

★外国規格の無線機器は国内では使用不可のものが多い

この3つのことを周知徹底いたします。

 

不法電波の使用の罰則は、

●不法無線局を開設、又は運用した場合には
1年以下の懲役、または100万円以下の罰金

●不法電波で重要な無線通信を妨害した場合は、
5年以下の懲役、または250万円以下の罰金

ですよね。

 

(引用:総務省 電波利用ホームページ)

 

 

【総務省】平成30年度電波利用環境保護活動用ポスターのモデルは「泉谷しげる」。

 

毎年おもしろいポスターができあがってきます。
ちなみに、去年のモデルは「デーモン小暮閣下」でした。

怖い・・・。

 

IoT(internet of things)の考え方から、工場関係だけでなく医療関係や一般家庭にも「無線」が活用されはじめています。不法電波の影響で電波干渉が起こらないように、総務省もポスターを作ったり、試買テストを行ったり取り締まりを強化しています

泉谷しげるさんも言うとおり、まずは技適マークを確認してください。

ちなみにマークには様式があります。

1:マークの大きさは、直径3ミリメートル以上であること。

2:材料は、容易に損傷しないものであること。(電磁的方法によって表示を付す場合を除く。)

3:色彩は、適宜とすること。ただし、表示を容易に識別することができるものであること。4:技適番号は、次のとおりであること。
1)技適番号の最初の3文字は登録証明機関名TELECである001を示し、4又は5文字は無線設備の種別に従って、に定める記号を示し、その他の文字はTELECが定める文字のものとしています。
2)TELECが定める文字の最初の2文字は記号とし、それに続く番号は7桁としています。また、TELECが定める文字の記号ごとに、かつ、個々の無線設備ごとに異なる番号を付しています。
3)マークの近傍には、「技術基準適合証明」であることを示す「R」を付したマークを表示する。

 

(引用:テレコムエンジニアニングセンター)

 

以上 この機会に電波に興味を持ってくださいね~。