スタンダードコーヒーさま新規オープンで『ワンタッチビュー』を導入していただきました!

2019.10.24 飲食店関係飲食店導入事例行ってきました!お役立ち情報ワンタッチビュー

スタンダードコーヒーさま

こんにちは、新人の小谷です!

2019101日に青山にオープンしたスタンダードコーヒー青山店に行ってきました!

 

東京メトロ銀座線の青山1丁目駅、4番出口をでてすぐのところに店はあります。

働く男性女性がたくさんいるオフィスビル新青山ビルの地下一階です。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 青山一丁目駅乃木坂駅外苑前駅

 

ここは弊社の『ワンタッチビュー』を導入していただいております。

さてどんな感じのお店なのでしょうか?わくわくが止まりません。

 

オープン2日目の13時過ぎに伺いましたが、やはり行列ができています。

初日は隣のお店の前まで列ができてしまっていたとか。

 

並びながら、メニューを眺めます。ランチセットメニューどれもおいしそう!

LUNCH SET

豊富なメニューが目を引く看板

ホットサンドも食べたい!

しかし今日はお昼を食べてきたのでドリンクだけにしておきます。

 

 

ショーウィンドウには種類豊富なパンやデザートも♪

ショーウィンドウに並ぶパンたち

甘いパンもある

大きなクロワッサンやシナモンロールを横目に見ながら列が進んでいきます。3時ごろなら確実に食べていました。次回リベンジします!

レジまで続く誘惑…

ケーキもあった!

やっぱり小っちゃいケーキ食べようかな?

 

 

セルフレジで素早く会計!

お会計方法も選べるセルフレジ

アイスコーヒーとカフェラテを注文したらクイックペイで支払います。こちらはセルフレジになっていました。もちろん現金やクレジットカードもOK

 

さて、レシートをもらって、席で待ちます。店内はきれいで静かでおしゃれな雰囲気です。

電源やフリーWiFiもあるので、ここで仕事ができちゃいます。ランチ食べて、仕事してコーヒー飲んで仕事してケーキ食べて仕事して…。

会計後、出来あがるまで近くで待つひとたち

落ち着いた店内

 

 

本題の『ワンタッチビュー』の使われ方

控え番号はレシートを見る

『ワンタッチビュー』に表示される番号はレシートに書いてあり、カウンターの上のディスプレイに番号が表示されます。

自分の番号が表示されたらオーダーしたメニューができた合図。

取りに行きます。

ディスプレイにお呼び出し番号が表示される

お店の方は、タブレットで操作しています。

 

 

操作方法

ワンタッチビューの数字をタップ

10キーで入力しエンターを押すだけ。

消去も簡単にできます

番号を消すときは、オレンジで表示している番号をタップし消します。

 

 

順番が来るまで座ってのんびり…

ディスプレイの順番が着実に進んでいく

572番はもうすぐです。ドリンクだったり、料理だったり出来上がる順番が異なるので、番号順に表示されるわけではありません。表示されるまでドキドキしながらながめます。

ディスプレイからは表示とともにポーンという音もなるので凝視する必要はありません。

この日は、お客さんがシステムに慣れていないので、店員さんが番号を呼ぶこともありました。近くで見ている人はすぐに対応できていました。

冷たいコーヒーを飲んでひとやすみ

これがアイスコーヒーとアイスカフェラテ。

瓶に入っていてなんともフォトジェニックです!

豆の農園や栽培品種にこだわり、豆本来のうま味を引き出すべく焙煎方法にこだわり、見た目や空間にこだわったコーヒー最高でした!

standerd cafeのこだわりの特徴はこちらです!

 

 

ディスプレイはお店に合ったデザインを選べる!

ちなみに『ワンタッチビュー』は画面デザインを選ぶことができ、スタンダードコーヒーさんはシック(ブラウン)を選択。壁紙と雰囲気がマッチしています。

ディスプレイのデザイン選択画面

また、『ワンタッチビュー』はワンタッチコール(ポケットベル)と連動することができるので、もし23階の階層があったり、広い店舗だったり、奥の方に座って画面が見えない方にもワンタッチコールがあれば音とバイブでお知らせしてくれるので便利ですよね!ぜひ併用して使っていただきたいです。

『ワンタッチビュー』の詳細はこちら

 

それはさておき、スタンダードコーヒーさま、次回はランチとコーヒーとデザートのコンプリートで伺います!それではまた。

スタンダードコーヒーさまのホームページはこちら