【感染対策】発熱外来を受診する方は、車の中で診察待ち[小沢眼科内科病院さま]

2021.04.23 医療関係ワンタッチコール医療施設導入事例お役立ち情報

小沢眼科内科病院さまに、呼び出しベルのワンタッチコールを導入いただきましたのでご紹介いたします。

発熱外来を受診する患者さんに、混雑時は呼び出しベルをお渡しします。車の中で診察待ちをしていただくことで、待合室の3密を軽減させるのが狙いです。

患者さんは呼び出しベルが鳴るまで気兼ねなく過ごせます。自分の車は落ち着きますよねっ!

 

小沢眼科内科病院
住所:茨城県水戸市吉沢町246-6
電話:029-246-2111
駐車場:有

かなり大きな病院で駐車場もたくさんあります(200台以上!)。
駐車場のどこでも電波が届くようにしたいとのことで、中継機3台設置しました。

 

 

導入前

  • コロナ禍で待合室がいっぱいになると感染症の不安があった
  • 発熱外来受診の患者さんは車の中で待てるようにしたい

 

導入後

  • 混雑時も待合室がいっぱいになることを防げた
  • 何度も大声で名前を呼ばないため飛沫感染防止にもなり安心
  • 車の中まで呼びに行かなくて良いため業務軽減に

 

使用の流れ

  1. 受付で発熱外来受診の患者さんに「ワンタッチコール受信機」を渡す
  2. 順番が来たら「ワンタッチコール送信機」を押す
  3. 患者さんが受付に戻る。「ワンタッチコール受信機」を回収

 

車の中で待てることで、「あまり室内で待ちたくない」、「感染症だったら人に移してしまうかも」という患者さんの不安も解消されます。

 

中継機の設置場所

室内や大きな窓のそばに設置して、駐車場にも問題なく電波が届くように設置しました。

中継機は100Vの電源に差すだけのかんたん設置。

大がかりな工事不要でレイアウト変更・増設も可能です。

※送信機、充電スタンドも100Vの電源です。

 

特徴

  • 日本製で丈夫。こだわりの品質
  • 安心のアフターフォロー体制。全国5拠点でサポート
  • 国の認定試験に合格した特定小電力無線機器