困ったときのリリーフマン呼び出しに「チョコ停削減」【自動車組立工場】

2021.08.31 工場関係工場アンドンなど導入事例お役立ち情報

今回、「困ったときのリリーフマン呼び出し」という用途で無線アンドンシステムを導入いただきました。

「困ったとき」とは主に

・部品に傷があるとき
・作業者では判断できないとき
・設備に異常があるとき
・トイレに行きたいとき
・気分が悪くなったとき

です。

工場の大きさは約250×80m。とても広い工場ですが、見通しが良いため中継機1台で電波を行き渡すことができました。

 

導入前

作業者は困ったときに、リリーフマンを呼びに行っていました。
同時にリリーフマンは現場に問題がないか徘徊をしていました。

他の工程では、呼び出しのベルが使用されていて、「最新の機種を導入したい」ということで検討していただきました。

 

 

【導入後・使用方法】

作業者にカード型送信機を持ってもらいます。
困ったときに呼び出しボタンを押すようにします。

リリーフマンはエリアのどこかにいるので、呼ばれた場所に行き問題を解決します。

カード型送信機を持てない場所では、押しやすい位置にスリム型送信機を設置しました。

 

見えやすい位置にパトライト+ブザー付きの片面受信機を設置しているので、呼ばれてもすぐに気づくことができます。

片面受信機が見えない位置でも、携帯受信機を持っているので大丈夫。しかも履歴が見れるのでどこから対処すればよいか判断できます。

これにより、工程をストップするチョコ停時間を少なくすることができました。

 

ログデータ収集

休憩室にパソコンがあり、そこでログデータも収集しています。

片面受信機LAN仕様とログ収集ソフトで、呼ばれた番号と時間をCSVファイルに落としています。パソコンはログ取集専用機で、スリープにならない設定にして常時ログを取れるようにしています。